文字サイズ

JOC竹田会長 理事会で陳謝も、批判集中の7分質疑応答なし会見は「ご理解を」

竹田恒和氏
1枚拡大

 日本オリンピック委員会(JOC)は22日、都内で今年始めての理事会を開催。20年東京五輪招致を巡る贈賄の容疑者としてフランス当局から正式捜査を開始された日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)も出席し、騒動について「役員の皆さんにもご心配をお掛けして申し訳ないと思っております」と、陳謝した。

 その後、昨年12月にフランス当局のヒアリング、1月11日にIOC倫理委員会のヒアリングを受けたことを説明。IOCからは「状況を見守る」という説明を受けたという。15日に行った会見で、世界から集まった報道陣を前に7分間主張を述べるだけで質疑応答を受けなかったことが批判を受けていることについては「関係者、弁護士からのご意見もあり、質疑応答を受けなかったことで、ご心配をお掛けしましたが、ご理解をいただきたい」と、述べるに止めた。

 そして改めて東京五輪・パラリンピックの招致について「東京の良さが理解、評価されて招致を勝ち取れたと確信している」と、キッパリ。「今後は手続きにのっとり、疑惑を払拭するため粛々と協力していく」と、説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス