文字サイズ

高橋大輔、現役続行?世界も?「もっとこの場所にとどまっていたい」

 豊かな表現を見せる高橋大輔
2枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、東和薬品ラクタブドーム)

 男子ショートプログラム(SP)で、5年ぶりの大会出場を果たしたバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)=関大KFSC=が復帰後では最高得点となる88・52点を記録した。現役続行、さらに世界レベルの大会を意識した発言をした。

 報道陣に大会の感想を問われ、「やっぱり試合っていいなと思った。この場所が居心地がいいなと。もっと長くやっていきたいなと思う気持ちもある」と、第一線での活動継続への思いを口にした。「今回の試合が終わっても、もっとこの場所にとどまっていたいなという気持ちが強くなっている。世界の舞台はもっと居心地がいいのかなとも思う」と、日本選手権の“先”を意識した発言も飛び出した。

 高橋は復帰を表明した際は、当面は今季限りでの競技を念頭に置いた発言をしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス