文字サイズ

女王ザギトワSP2位“紀平質問”に負けん気メラメラ「答えたくない」

本番へ向け最終調整するアリーナ・ザギトワ(撮影・國島紗希)
1枚拡大

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(6日、バンクーバー)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザキトワ(16)=ロシア=は大きなミスこそなかったものの、得点を伸ばしきれず、今季ベストに届かない77・93点で2位発進となった。日本の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、トリプルアクセルを成功させる演技で、世界最高得点の82・51点をマークし、首位に立った。

 五輪女王のプライドだった。SP後のプレストカンファレンス。トリプルアクセルを武器に、自身のライバルとして台頭してきた紀平に関する質問を受けたザギトワは「その質問には答えたくない」と話し、負けん気を滲ませた。

 全体的に見れば、大きなミスはなかった。得点源である冒頭の3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプをきめると、すべてのジャンプをきっちりと決め、加点も得た。ただ、五輪の時のような圧倒的な滑りとはいえず、逆に異次元の技術点をマークした紀平に、約4・5点差をつけられた。「緊張していたんだと思う。最高の演技はできなかった」。ロシア杯でマークしたSP世界最高得点も塗り替えられた。「自分の演技に集中していたし、(先に演技した紀平の得点は)聞いてなかった」と話したが、見えない重圧がのしかかったか…。

 勝負のフリー。「リンクに出て行って、やるだけ」。五輪女王の意地がさく裂するか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス