文字サイズ

羽生は右足首のじん帯損傷の診断「ファイナルへ全力で治療」

 フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦ロシア杯で五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が、練習中に右足首のじん帯を損傷しながらも魂の演技で優勝したことを受けて、日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長が18日、取材に応じ、状態を説明した。

 現在精密検査はまだ受けておらず、今後実施する予定。チームドクターの視診、触診では、右足首の「前下脛腓じん帯損傷」「三角じん帯損傷」「腓骨筋腱損傷疑い」という3つの診断だった。全治は不明だが、少し腫れが出ており、アイシングや圧迫等の治療を続けているという。

 羽生は連盟を通じ「ファイナルへ向けて全力で治療する」とコメントを発表した。

 羽生は17日のフリーへ向けた公式練習中に転倒し、平昌五輪前に痛めた右足首を再び負傷。その中で優勝し、2年ぶりのGPファイナル(12月、バンクーバー)進出を決めていたが、試合後の会見に松葉づえで現れるなど状態が心配されていた。

 この日行われた表彰式には、フリーの衣装を身にまとい、スケート靴ではなくスニーカーで登場。松葉づえで表彰台のてっぺんに立つ異例の光景となったが、笑顔でファンの声援に応えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス