文字サイズ

貴景勝、千賀ノ浦親方と新たな一歩「プラス」思考で前を向く

師匠の千賀ノ浦親方(右)とがっちり握手する貴景勝
千賀ノ浦部屋の看板を手にする貴景勝
2枚2枚

 日本相撲協会は29日、九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した。貴乃花部屋の消滅により千賀ノ浦部屋に転籍となった東小結貴景勝(22)が福岡県糟屋郡篠栗町の宿舎で師匠・千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに会見し新たな一歩を踏み出した。

 入門以来、指導された元貴乃花親方の教えは常に胸に秘める。新天地で活躍することが恩師に報いることになる。「千賀ノ浦部屋の力士として頑張るだけ。全部マイナスで考えることはない。隆の勝関と毎日稽古できるのもプラス。新しい環境もプラス」と、前だけを向いた。

 千賀ノ浦親方も「3人関取が増えた。申し分ない稽古ができる。みんなファイトが出る」と相乗効果に太鼓判。部屋で番付最高位となった貴景勝には「今の相撲に磨きをかけて番付を上がればいい。次は関脇。関脇の次を目指せるような貴景勝を見たい」と期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス