文字サイズ

“真凜スマイル”復活も得点伸びず GPスケートアメリカ

 「フィギュアスケート・GPスケートアメリカ」(20日、エバレット)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(17)=JAL=は62・74点で4位発進した。宮原知子(20)=関大=が73・86点で首位。坂本花織(18)=シスメックス=が71・29点で2位につけた。

 真っ赤な衣装に髪はおだんごで1つにまとめた本田。2組目の2番滑走で登場すると「今までにないかっこいいダンサンブルな曲」と話していたSP「セブン・ネーション・アーミー」を披露した。

 冒頭で3回転ループ-3回転トーループの連続ジャンプを着氷。続くダブルアクセル、後半の3回転フリップとも大きなミスなく降りた。演技後は両手を突き上げてガッツポーズ。“真凜スマイル”を浮かべ、喜びをかみしめた。

 しかし得点を確認すると、表情は一変。小さく首をかしげた。原因は回転不足。連続ジャンプと、3回転フリップでいずれも回転が足りていないと採点され、得点が伸びなかった。

 それでも3位サモドゥロワ(ロシア)とはわずか1・67点差。日本勢での表彰台独占も十分可能だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス