文字サイズ

貴乃花親方電撃引退 協会に残る意思は「ございません」弟子たちは千賀ノ浦部屋へ

 日本相撲協会に退職届を提出し、記者会見する貴乃花親方=25日夕、東京都港区
2枚

 日本相撲協会に退職届けを25日に提出した貴乃花親方(46=元横綱)が同日夕、都内で引退会見を行い、同日午後1時に引退届を正式に提出したことを発表した。引退理由として今年3月に提出し、後に取り下げた弟子の貴ノ岩への傷害事件をめぐる告発状に対して、日本相撲協会から「事実無根だと認めないと親方の廃業となると、有形無形の要請があった」と協会からの圧力があったと説明した。

 貴乃花親方は引退届が相撲協会に受理されるかに関わらず、協会に残る意思は「ございません」と断言。相撲界から離れる強い決意を示した。

 「相撲には携わっていきたいが、弟子たちがかわいい」と弟子のことを考え、自身が引退するのが「最善の道」と決断。「無念はあるが、後悔はない」と話した。部屋所属の弟子たちは千賀ノ浦部屋への転籍を希望した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス