文字サイズ

阿部一二三&詩が快挙!日本初きょうだい同時優勝

 柔道の世界選手権で優勝を果たし、金メダルを手にポーズをとる男子66キロ級2連覇の兄、阿部一二三(左)と女子52キロ級初優勝の妹、阿部詩=21日、アゼルバイジャンのバクー(共同)
2枚

 「柔道・世界選手権」(21日、バクー)

 女子52キロ級決勝で阿部詩(うた、18)=兵庫・夙川学院高=が、前年女王の志々目愛(24)=了徳寺学園職=に延長戦内股による一本で制し、初優勝した。男子66キロ級では兄の阿部一二三(21)=が2連覇し、日本初の男女きょうだいによる同時優勝を果たした。

 阿部詩は、かつては苦手だった寝技も駆使しながら5試合オール一本勝ちと衝撃的な優勝を飾った。「今日一日すごく緊張してて不安もあったが、最後は集中して自分の柔道をするだけだと。(決勝の内股は)今までやってたことが出た」と胸を張った。

 続く阿部一二三はライバルから徹底マークされながらも、全6試合を投げ技によるポイントで決めて価値ある連覇を達成。「何とか最後は一本勝ちできて、自分らしさを出せて良かった。自分の柔道を信じて頑張った」。

 先に優勝した妹の試合については「見てました。次は自分がやるしかないと、妹の優勝を見て覚悟が決まった」と刺激を受けたことを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス