文字サイズ

羽生結弦公開練習 今季中に4A挑戦へ「やっぱりアクセルって好きだな」【一問一答3】

 取材に応じる羽生結弦=8月30日、トロント(共同)
2枚

 今年2月の平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が日本時間31日、練習拠点のカナダ、トロントで練習を公開し、今季のプログラムを発表した。フリーは「Origin」、SPは「秋によせて」。幼少期からの憧れの存在だった06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、元全米王者のジョニー・ウィアー(米国)の代表曲で、自らの「原点」を表現する。また、フリーではまだ成功例のないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に、今季中に挑戦する意向を明かした。

 羽生との一問一答3は次のとおり。

 -五輪連覇を成し遂げて、今、モチベーションになっていることは?

 「まあアクセルですね。やっぱりアクセルが1番の僕のモチベーションではあります。ただ、今練習はしているんですけど、毎日はできなくて、体の状態とか、足首の不安はそんなにないんですけど、衝撃はやっぱりものすごく大きなジャンプなので体調をみながらやっています。やっぱり難しいなって思いながら」

 (続けて)

 「ただ、やってみてすごく思うのは、やっぱりアクセルって好きだなと。楽しいですね、やってて。まだ跳べてないですけど、跳べるまでの過程だとか、そういったものも1つ1つ楽しみながら、すごく頭を使いながら練習してます」

 -跳びたい時期、メドは設定してる?

 「いや~跳べるんだったら、ここまでに跳んでおきたかったんですけど。今日までに跳んでおきたかったんですけど、まだ難しくて、できないところもあって。ただ、まあ先ほどテレビのインタビューでも言ったように、ループまでは、だいぶ五輪の時よりはうまくなったなと自分では思っているので、ちょっとずつ体を戻しつつ、アクセルにもその動きだったり、筋力的なものであったりとか、そういう1つ1つの強さだったり、そういうものがつながっていけばいいなと思ってます」

 -今季中の挑戦もある?

 「今季でやっておきたいとは自分の中では思っていて、そういう意味でも『Origin』ってつけたところはある。やっぱり自分の根源にあるのは、小学校低学年の時に、本当に1時間の練習中45分はアクセルしかやってなかったので、そのアクセルへの思いとか、アクセルの難しさを感じながら、下りた時の達成感とか、そういったものがスケートを好きにさせてくれた大きな要因だったので。アクセルを大事にしたプログラムになっているのかなと思う。なのでできれば、今シーズンやるつもりです」

 -入れるならフリーの冒頭?

 「そうですね。最初のループのところに入れます」

 -どれぐらい練習はしてる?

 「本数は制限してないです。ただ、先ほど言ったように毎日はできないので、あの~やはり筋肉的な負担も掛かりますし、しっかりと1番効率のいいところ、筋肉が疲労しすぎず、ただ、その筋肉がちゃんと回復して、技術的にも向上できるようなタイミングで、計算しながら練習はしてます」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス