文字サイズ

瀬戸大也200バタ金、ファンに感謝「応援が勝ちにつながった」パンパシ連覇

 男子200mバタフライ決勝で優勝しガッツポーズで声援に応える瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場(撮影・堀内翔)
 男子200mバタフライ決勝で優勝しガッツポーズを見せる瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「競泳・パンパシフィック選手権」(10日、東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートルバタフライ決勝が行われ、瀬戸大也が1分54秒34で優勝し、この種目で大会連覇を果たした。矢島優也は1分56秒33で6位だった。

 最後の50メートルで先行するデデウス(ブラジル)を制し、力強くガッツポーズ。「久しぶりに国際大会で金メダルが取れてうれしかった」と笑顔を見せた。

 終盤のデッドヒートを「(デデウスが)右側に見えているのは分かっていた」と振り返った瀬戸。「応援すごかったんで負けられないと。かなりきつかったけど、会場の応援の後押しが、最後、勝ち切れたことにもつながったと思う」と大声援に感謝した。

 前日9日は400メートル個人メドレーに出場。疲労もあり、朝の予選から体の重さが気がかりだった。「とにかく休むことに徹した。今日1日の過ごし方が結果につながった」。予選から決勝にかけて、自身と向き合い、調整してきた結果でもあった。

 11日は、200メートル個人メドレーに出場予定。「あともう1日、コンディションを整えて泳ぎたい」と前向きに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス