文字サイズ

悪質タックル問題 被害QBの父が日大第三者委調査に不快感「何を守るための…」

 日大アメフット部の練習場
1枚拡大

 大学アメフットで、5月6日に行われた関学大との定期戦で、日大の守備選手が相手先発クォーターバック(QB)選手に悪質なタックルをした問題で、被害QBの父・奥野康俊氏が10日、フェイスブックを更新し、日大が設立した第三者委員会の調査を受けたことを報告したが、その内容に不快感をにじませた。

 この日の午前10時から、奥野氏、被害QB選手、弁護士、関学大の鳥内監督、小野ディレクターとともに、第三者委員会の勝丸、磯貝両弁護士から約3時間半のヒアリングを受けたという。しかし、その途中に勝丸弁護士が「あのタックルは怪我を軽くするためだったのでは」と説明されたといい、これに対して奥野氏は「不愉快になり、私からズバリ質問をした」と振り返った。

 「中立を担保するために、あなたは、日大との利害関係はあるのかないのか」

 この質問の答えを、奥野氏は「勝丸弁護士は、ない。と答えた」と報告している。しかし、「次に、今回の調査で日大からお金をもらっているのかと聞いたら、はい。と答えた。果たして、これで利害関係がないと言えるのか。明らかに、嘘だ。と私は感じた」と、憤りを綴った。

 契約書の開示を求めたが拒否されたという。奥野氏は「何を守るための第3者委員会なのだろうか、事実を確認するだけで、真相究明する気は全くない。このままでは日大の、アメフト部の再起は遠のいてしまうのではと心配する」と、懸念を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス