文字サイズ

アメフット 関学大鳥内監督神妙 日大当該選手の競技引退発言に「かわいそう」

 大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手・宮川泰介(20)が22日、都内で会見を開いたことを受け、関学大の鳥内秀晃監督が兵庫県西宮市内で取材に応じた。

 会見の冒頭で説明を行う様子を映像で確認したといい、アメフットを辞めるという本人のコメントに「かわいそう」と神妙な面持ち。また「勇気を出して真実を語ってくれたことに敬意を表したい。立派な態度だった」と本人の姿勢をたたえると同時に、本人が実名で会見をする事態まで発展した現状や会見の内容に対し「いやもう…愕然としますよね」と驚きを隠さなかった。

 指示の有無について日大・内田前監督はまだ正式な形で見解を述べてはいない。これについては「向こうの回答を見てからわれわれも会見をしたい」と、24日を期限とする再回答書の内容をふまえた上で語るとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス