文字サイズ

大鵬の孫、納谷が序ノ口V 7戦全勝に「して当たり前」

納谷(左)は朝日凰を破り序の口優勝を決めた=エディオンアリーナ大阪(撮影・山口登)
納谷は破り序の口優勝を決めガッツポーズ=エディオンアリーナ大阪(撮影・山口登)
2枚2枚

 「大相撲春場所・13日目」(23日、エディオンアリーナ大阪)

 “昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の三男・納谷(18)=大嶽=が7戦全勝で序ノ口優勝を果たした。朝日凰を立ち合いで吹き飛ばすと4発の押しで瞬殺した。

 「とりあえず、うれしいです」と安どした。超サラブレッドの高校王者として注目される中、重圧をものともしない強心臓だった。

 「(優勝は)最初からずっと意識していた。すると思ってやっていた。意識しないことはなかった。負けちゃいけないとかはないけど、しっかり自分の相撲を取れば負けないと思った」と胸を張った。

 全勝の7番を振り返り「全体的に前に出られていた。内容的にはいい」と納得顔だった。

 序ノ口では祖父も父もできなかった優勝。「入る前から(優勝)して当たり前と言われていた。して当たり前。通過点?そうです」と力を込めた。

 出世ロードは満点スタートを切った。「全勝とは言わないけど全部勝ち越して十両までいきたい」と、目標を掲げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス