文字サイズ

貴乃花親方「あーす」1秒で早退 もはや奇行…協会幹部 断罪「出勤にならない」

 大相撲春場所の会場内の役員室へ向かう貴乃花親方(共同)
貴乃花親方
2枚2枚

 「大相撲春場所・6日目」(16日、エディオンアリーナ大阪)

 前日に今場所初めて会場に姿を現し、滞在2分40秒で役員室を後にした貴乃花親方(45)=元横綱=が16日も役員室に入り、今度は何とたった1秒で“早退”した。対立する協会幹部らも意味不明の振る舞いにあ然、ぼう然だった。

 協会執行部で「今日は来るのかな」と話していた午後3時前、役員室のドアが開いた。役員室は2間続きで、奥に八角理事長(54)=元横綱北勝海=と理事らが執務する部屋があるが、貴乃花親方は奥の部屋まで入らずに「あーす」とあいさつ。理事長とは目が合っただけで即座にきびすを返し一瞬で去って行ったという。

 役員室にいた全員が「あれは何だ?」と目が点。ある理事が「『おい、おい』と声をかける間もなかった。振り向いたらもういなかった。1秒」と言う“速攻劇”だった。

 貴乃花親方はそのまま駐車場へ一直線。貴ノ岩に関し「(相撲は)見ましたよ。貴ノ岩の状況を最優先に考えている」とだけ話し、迎えの車に乗り込んだ。

 同親方は元日馬富士から暴行を受け負傷し3場所ぶりに復帰した弟子の貴ノ岩に不安があり、主治医と連絡を取るため役員室に常駐できないことを理由に初日から欠勤した。

 この日、部屋の朝稽古後にも報道陣に対応。貴ノ岩を見極めるため、役員室の常駐は難しいことを改めて示唆した。「きのうもカメラの方が…、会場が混乱しないような状態で」と騒動に気を使っていた。

 姿を見せたのが貴ノ岩の取組直後だったため、貴乃花親方を取材する報道陣も少なく、会場の混乱はなかった。ただ職務放棄問題は深刻さを増すばかり。協会幹部は「3時(出勤は)は遅い。(連日早退は)出勤にはならない」と断罪し、いまだ欠勤扱いだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス