文字サイズ

大砂嵐が勧告受け入れ、引退 無免許運転で略式起訴 退職金は30%カット

大砂嵐
2枚

 日本相撲協会は9日、大阪市内で理事会を行い、2月に道交法違反(無免許運転)の罪で略式起訴された幕下大砂嵐(26)=大嶽=に対して引退勧告の処分を決めた。師匠の大嶽親方(元十両大竜)とともに理事会に呼ばれた大砂嵐は「きょう引退します」と処分を受け入れた。

 大砂嵐は1月1日、同3日と長野県内で有効な運転免許証を持たずに乗用車を運転し、同3日に追突事故を起こした。力士は現役中、車やバイクの運転を禁じられている。

 当初は日本相撲協会に「妻が運転していた」などと虚偽の説明をしていた。その後、長野県警の聴取に自身が運転していたことを認めた。

 協会は3回にわたり、聴取し弁明を聞いたが、虚偽であることが分かった。危機管理委員会の鏡山部長(元関脇多賀竜)は「嘘をつき続けていたのが許せないのはあった」との理由もあり、重罰となった。退職金は30%カットとなる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス