文字サイズ

貴乃花親方が激白 暴行事件で協会より先に鳥取県警に通報「正しかった」

 貴乃花親方
1枚拡大

 日本相撲協会の貴乃花親方(45)=元横綱=が7日放送のテレビ朝日系「独占緊急特報!!貴乃花親方すべてを語る」にVTRインタビュー出演した。同番組は、昨年10月の秋巡業中に弟子の貴ノ岩が被害を受けた元横綱日馬富士による暴行事件について、貴ノ岩の陳述書を独占入手したと明かした。また、同親方は、協会側の最終報告書との間に食い違いがあると主張したり、理事候補選に落選しての心境などを聞き手の映画監督・山本晋也氏に語った。

 番組では今まで公表されていなかった貴ノ岩の事件に対する陳述書を入手したとして、協会側の報告との相違点をまとめた。貴ノ岩の陳述が協会側の最終報告書にあまり反映されなかったことに、貴乃花親方は「ちょっと私も理解できないところなんですけども」と首をひねった。

 巡業部長として引率していた秋巡業中に発生した事件とあって、自身も「報告義務を怠り、また危機管理委員会による捜査への協力を拒否したこと」を理由に理事を解任された。それでも貴乃花親方は鳥取県警に協会よりも先に通報したことを「正しかったと思います」と振り返り、「前例をつくってはいけない」と事件を究明する道を選んだとした。

 ただ、処分には「知らぬ間に進んでいっているような状態」と表現し、「当然、認められるものではない」と振り返った。処分を「分かりました」と認めたとも協会側が報道陣に伝えたが、これを否定。今後も協会側と「気持ちは戦います」と心境を語った。

 また、「被害届を取り下げるような要請があったと考えていいわけですか」と問われ、「そうですね。はい。そういうことですね」と答えた。

 今月2日の理事候補選で2票しか得られずに敗れ、協会運営からは遠ざかった。あえて立候補を貫いたことも「事件性のことからきていますので」と説明。「悔いはないですね」とさばさばと語った。協会へは「純粋に相撲に向き合って、お客さんと触れ合っていってほしいなと思います」と思いを述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス