文字サイズ

箱根駅伝V狙う神奈川大に、例年の5倍の報道陣 大後監督「ビックリしている」

箱根駅伝で20年ぶりの総合優勝を狙う神奈川大の大後栄治監督(後列中央)、エース鈴木健吾(前列中央)
1枚拡大

 11月の全日本大学駅伝を制し、箱根駅伝(来年1月2、3日)で20年ぶり3度目の優勝を狙う神大が17日、横浜市の神奈川キャンパスで記者会見を行った。全日本を制し、復活を高らかにアピールした「プラウドブルー」軍団。箱根駅伝では4連覇を狙う青学大、出雲駅伝を制した東海大とともに“3強”と目されている。

 この日は多くの報道陣が詰めかけ、大後栄治監督(53)は「毎年の5倍ぐらいになってる。ビックリしてます。多くの期待を感じてる」と笑顔。「希望は総合優勝だけど、客観的に見て、まず総合3位以内を確実に獲りにいきたい」と、目標を掲げた。

 胸を張るのは“エース力”だ。「東海、青学の選手層はとんでもない。私たちのチームが3チームぐらいできる」と、ライバルの層の厚さを認めつつ「恥ずかしくないエースの育成ができている。まず往路優勝を狙っていきたい」と、期待を込めた。1区には前回大会区間5位の山藤篤司(3年)、花の2区には前回区間賞の鈴木健吾(4年)の配置が確実。先行逃げ切りを狙う。

 学生長距離界のエースに成長し、来年2月の東京マラソンでの初マラソンも見据える鈴木は「2区しか考えていない。万全の状態でスタートにつければ、結果はついてくる」と、自信をみなぎらせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス