文字サイズ

“山の神”神野大地は13位、MGC出場権ならず

 「福岡国際マラソン」(3日、平和台陸上競技場発着)

 青学大時代に箱根駅伝の登りで無類の強さを発揮し“山の神”と称された神野大地(24)=コニカミノルタ=が初マラソンに挑み、2時間12分40秒の13位だった。(タイムは速報値)

 顔をしかめてゴールに入った神野に対し、テレビ解説を務めていた青学大の原晋監督は「よく頑張りましたね。初マラソンですからね」と感想を口にした。

 レース前には「目標タイムは2時間8分59秒」と宣言し、東京五輪代表選考レースの「マラソングランドチャンピオンシップ」の出場権獲得(日本人上位3位かつ2時間11分00秒以内)の記録を目指していたが、果たせなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス