文字サイズ

田中刑事、ロシア杯を欠場 右腸腰筋筋損傷で痛い出遅れ

 日本スケート連盟は16日、フィギュアスケートGPシリーズ初戦のロシア杯(モスクワ)に出場予定だった男子の田中刑事(22)=倉敷芸術科学大=が練習中の転倒による右腸腰筋筋損傷で全治3週間と診断されたため、欠場すると発表した。田中は連盟を通じ「中国杯に向け治療に専念し回復に向けて頑張ります」と、コメントした。

 男子の平昌五輪出場枠は3枠で、世界王者の羽生結弦、世界選手権銀メダリストの宇野昌磨は抜けた存在となっている。“3枠目”を争うとみられる田中にとって、痛い出遅れとなってしまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス