文字サイズ

横綱審議委、白鵬を特別表彰へ稀勢に万全での出場要望

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は24日、東京・両国国技館で定例会合を開き、大相撲名古屋場所で単独史上1位の通算1048勝と2場所連続39度目の優勝を成し遂げた横綱白鵬に対し、新記録樹立の偉業をたたえて特別表彰することを決めた。

 横審は2010年に白鵬が史上2位の63連勝をマークした際にも特別表彰した。

 左上腕や左足首などのけがで2場所連続途中休場の横綱稀勢の里に対しては、横審から相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)を通じ「万全の状態で出場してほしい」との意見を本人、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)に伝えることを求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス