文字サイズ

マクラーレン・ホンダようやく初ポイント アロンソ「全くのサプライズ」

 F1アゼルバイジャンGPで走行するマクラーレン・ホンダのアロンソ
1枚拡大

 「F1アゼルジャパンGP・決勝」(25日、バグー市街地サーキット)

 マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソ(スペイン)が今季最高の9位となり、シーズン初ポイントの2点を獲得した。ストフェル・バンドーン(ベルギー)は12位。ダニエル・リチャルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)が今季初勝利、通算5勝目を挙げた。バルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)が2位、18歳の新人ランス・ストロール(カナダ、ウィリアムズ・メルセデス)が初の表彰台となる3位に入った。

 不振にあえいでいるマクラーレン・ホンダが、今季8戦目にしてようやく10位以内の入賞を果たした。

 決勝はパワーユニット(PU)の交換などでグリッド降格処分を受け、20台中アロンソが19番手、バンドーンが18番手と後方からのスタート。狭い市街地コースは追い抜くポイントが少なく、厳しい戦いが予想された。

 しかし、序盤からマシン同士の接触やトラブルなどでジョリオン・パーマー(英国、ルノー)らが次々とリタイア。セーフティーカーが度々入り、コース上に散乱したマシンの破片除去のために赤旗中断も。上位との差が開かなかったうえ、トラブルに巻き込まれなかったアロンソはするすると順位を上げ「自分たちに本当に有利となった。全くのサプライズ」と振り返った。

 これまで信頼性に乏しかったPUにも問題が起こらず、アロンソは最速ラップで全体の6番目を記録。F1総責任者の長谷川祐介氏は「次のオーストリアではテストでいい結果が出たPUを導入する予定。ライバルとの差を少しでも縮められるように懸命に開発を続ける」と、一層の奮起を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス