文字サイズ

照ノ富士 古傷の左膝痛める…「大丈夫」と強がるも痛々しく引きずる

正代(右)の顔面に強烈な突きを浴びせる照ノ富士=両国国技館(撮影・園田高夫)
2枚

 「大相撲夏場所・12日目」(25日、両国国技館)

 大関照ノ富士は正代を送り出して2敗を守ったが、激しい相撲で古傷の左膝を痛めた模様で、自力では歩けず、付け人の肩を借りて花道を引き揚げた。

 支度部屋ではすぐに患部にアイシングを施し、報道陣の質問には「大丈夫」とポツリ。

 駐車場へ向かう通路は自力で歩いたものの、左足を痛々しく引きずるようにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス