文字サイズ

柔道・井上康生監督 新代表は和製“アベンジャーズ” 世界選手権男子代表会見

アベンジャーズに例えられた柔道男子日本代表の左から原沢、羽賀、永瀬、阿部、高藤、永山、橋本、ウルフ、王子谷=味の素ナショナルトレーニングセンター
1枚拡大

 8月にハンガリー、ブダペストで開幕する柔道世界選手権の男女日本代表が2日、都内で会見を行った。

 男子の井上康生監督(38)はリオデジャネイロ五輪代表(4人)と新顔(5人)が半々の構成に「9人が9人9様の色んなキャラクターを持っている。アベンジャーズみたいだと思う。(100キロ超級の)王子谷は超人ハルク」と、映画化もされたアメリカンコミックのヒーロー軍団に例えて手応えを語った。

 日本代表としてはこの世界選手権から、20年東京五輪への第一歩が始まることになるが「各個人が能力を上げていってほしい。3年の間に次から次へと強い選手が出てくるだろうが、打ち負かして1年1年選ばれてくれれば。非常に楽しみにしている」と、期待を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス