文字サイズ

村上佳菜子が現役引退を発表 「今日が現役最後の演技」のアナウンス

感極まる村上佳菜子=代々木第一体育館(撮影・堀内翔)
3枚

 フィギュアスケートのソチ五輪代表で、四大陸選手権優勝、全日本選手権2位などの実績を持つ村上佳菜子(22)が23日、世界国別対抗戦のエキシビションにゲストスケーターとして参加し、現役引退を表明した。場内アナウンスで「今日が現役としての最後の演技です」と発表があった。

 純白の衣装を身にまとい、12-13年にショートプログラム(SP)で使用した「プレイヤー・フォー・テイラー」のメロディーにのせて情感たっぷりに演じきった。最後は一瞬涙をこらえるかのような表情を見せたが、笑顔でリンクを後にした。

 昨年12月の全日本選手権(大阪)では演技後に号泣。「スケート人生の全てを出せるように練習してきた。それをたくさんの人の前で出せた。やり切ったという気持ち」と話していた。

 村上は愛知県名古屋市出身。10年世界ジュニア選手権を優勝し、シニア転向後、同年のスケートアメリカでGPシリーズ初優勝、GPファイナルで3位。14年は四大陸選手権を初制覇し、初出場だったソチ冬季五輪では12位。世界選手権は5度出場し、13年の4位が最高だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス