文字サイズ

萩野が男子主将に 競泳日本代表が強化合宿公開

 競泳日本代表の主将に就任した萩野公介(右)
1枚拡大

 競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)に出場する日本代表が18日、都内で行っている強化合宿を公開し、リオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22)=ブリヂストン=が男子の主将に指名された。理想像は12年ロンドン五輪主将の松田丈志氏で、「丈志さんのように結果も出しながらチームをまとめたい」と決意を新たにした。

 東洋大時代も主将を務めた萩野だが、今回は入江陵介(イトマン東進)や小関也朱篤(ミキハウス)ら年上もいる。「緊張する。主将だけど、先輩もいるので動かないわけにはいかない」と自ら雑用もこなす覚悟だ。

 指名した平井伯昌コーチは「主将になればチームのことを考えて言動も変わる。一目置かれる存在になってほしい」と人間的成長を期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス