文字サイズ

羽生が語る真4回転時代「けがのリスク考えながら」

 「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、フィンランド、ヘルシンキ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する223・20点、合計321・59点で、3季ぶり2度目の王座奪還を果たした。試合後のプレスカンファレンスでは、羽生が“真4回転時代”と呼ぶ多種類4回転の構成と、怪我のリスクとの向き合い方について質問が及んだ。

 羽生は「みんな、いろんなことをやってくるんだろうなと思う。SPでジェイソン・ブラウン選手(米国)が4回転抜きで、あの点(93・10点)まで出せることを証明した。4回転がすべてではない、フィギュアスケートの楽しさを教えてくれたと思う」と指摘。「けがのリスクを考えながら、どうベストパフォーマンスを出すのか。改めてこの試合を通じて、みんなが考えていくことになると思う」と、語った。

 SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点超えで、羽生が持つ歴代最高記録(330・43点)に次ぐ世界歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス