文字サイズ

プロボウリング川添が海外本格参戦 世界最高峰の米国拠点に

米国を拠点に世界挑戦する川添奨太(右から2人目)
1枚拡大

 日本の男子最強プロボウラーで、1月の国際大会「DHCカップPBAジャパンインビテーショナル2017」で準優勝した川添奨太(28)が、所属するトドロキスポーツマネージメント(TSM)のサポートで今春から米国カリフォルニア州に拠点を移して海外挑戦を本格化することになった。

 29日に都内で記者会見して明らかにしたもので、主な参戦舞台は世界最高峰のPBA(アメリカプロボウラーズ協会)ツアーとなり、現地で試合がない時期は日本をはじめアジア、中東などを転戦する予定。

 昨年のJPBA(日本プロボウリング協会)ツアーでアベレージ、ポイントの2冠を制した川添は、全日本ナショナルチームメンバーだったアマ時代から積極的に海外挑戦していたが、長期滞在でのツアー参戦は初めて。

 発表会見で川添は「このたび『TSMチーム奨太』プロジェクトのサポートで世界に挑戦できることになりました。TSMをはじめ皆さまの応援に応えられるよう、世界中のボウリング大会で優勝争いができるよう頑張ってきます」と健闘を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス