文字サイズ

安美錦4連勝 流れるような攻めの連続「前に出ようと思った」

 「大相撲春場所・4日目」(15日、エディオンアリーナ大阪)

 西十両12枚目の安美錦(38)=伊勢ケ浜=が富士東(玉ノ井)を押し出し初日から4連勝に伸ばした。

 流れるような攻めの連続だった。右張り右上手から出し投げで崩すと、寄った。こらえられたが回り込む相手を正面にとらえ、突き放し。突き落としもしのいで、最後は出足良く、押し勝った。

 「いつもばこんと突かれて負けているから、入って出て、まあ我慢して突き落としも残せた。前に出ようと思った」と納得の一番。

 左アキレス腱を断裂し幕内を陥落し、十両は4場所目。「ここ数場所は残すことができなかったからね。よく残したね」と、状態には手応え十分だ。

 自身の前の一番では16歳下の弟弟子の照強が一方的に押し出される惨敗。「しょっぱい相撲を取ったから。前に出ないとだめだと、いい教訓になったよ」と、照強にも手本を見せ付ける白星になった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス