文字サイズ

初マラソン日本最高の安藤にQちゃんも衝撃 「完成形のような走り」

 「名古屋ウィメンズマラソン」(12日、ナゴヤドーム発着42・195キロ)

 世界陸上選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねて行われ、日本勢で初マラソンの安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が2時間21分36秒の初マラソン日本最高記録で2位に入った。日本歴代でも4位の好記録で、世界選手権代表に内定した。同僚の清田真央(23)=スズキ浜松AC=も2時間23分47秒で3位に入り、代表入りが確実となった。

 彗星のごとく現れたニューヒロインに、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんも衝撃を受けた。解説として安藤の走りを間近で見届け「ビックリしました。初めての速さ、距離でこのタイムを叩きだした。私は初マラソンから10分以上タイムが上がった。それを考えれば、彼女は末恐ろしい」と、絶賛の言葉を並べた。

 腕を下げ、上下運動の少ない独特の“忍者走り”と例えられるフォームを「かつての(中国の)馬軍団の効率のいい走りに似ている。効率的で上下運動が少なく、ピッチを刻む。マラソン向きの走り。マラソンの完成形のような走り」と、分析。「切り替えの力がついてくれば、世界で戦える選手になる」と、期待を込めた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス