文字サイズ

名古屋ウィメンズ 安藤友香が初マラソン日本記録も「実感ない」

 日本勢トップの2位でゴールし、コーチに迎えられる安藤友香=ナゴヤドーム
 2時間21分36秒で日本勢トップの2位でゴールする安藤友香=ナゴヤドーム
2枚2枚

 「名古屋ウィメンズマラソン」(12日、ナゴヤドーム発着42・195キロ)

 世界陸上選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねて行われた。初マラソンとなった安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が2時間21分36秒で初マラソン日本最高記録を更新し、日本歴代4位の好記録を出した。

 安藤は2時間21分17秒で大会3連覇を果たしたリオデジャネイロ五輪銀メダリストのユニスジェプキルイ・キルワ(32)=バーレーン=と先頭集団を形成。20キロまでに前年4位の清田真央(23)=スズキ浜松AC、初マラソンの安藤、石井寿美(21)=ヤマダ電気=らが遅れ、安藤だけがキルワと並走した。

 その後もハイペースで30キロを通過した。33キロ付近でキルワがペースを上げたところから、少しずつ引き離されたが、それでもキルワを視界に捉えて、粘りの走りを見せた。

 安藤は「初めてということで、思い切っていこうと思っていた。キルワさんに付いていくしかないと。日本記録はまだ実感がない」と笑顔を見せた。その一方で「このままでは世界と勝負できない。自分の弱さを感じた。ここから磨いて、(世界陸上では)勝負できるようにしたい」と早くも闘志を見せた。

 これまでの、初マラソン日本最高は坂本直子の2時間21分51秒。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス