文字サイズ

伊藤ふたば最年少V 14歳“スパイダーマン”夢は五輪、W杯、世界選手権制覇

 ボルダリングのジャパンカップ女子で史上最年少優勝を果たした伊藤ふたば
1枚拡大

 「スポーツクライミング・ボルダリング・ジャパンカップ」(29日、代々木第2体育館)

 2020年東京五輪追加種目・スポーツクライミングのボルダリングで日本一を決める大会の男女決勝が行われ、女子では中学2年生の伊藤ふたば(14)=岩手県協会=が4課題(コース)中、唯一3課題をクリアし、史上最年少(14歳9カ月)で大会初優勝を飾った。11度目の優勝を狙った野口啓代(27)=茨城県連盟=は2位。予選1位通過だった森秋彩(13)=茨城県連盟=は4位だった。男子は藤井快(24)=東京都連盟=が2連覇を達成した。

 14歳の美少女クライマーが長い手足と天性の柔軟性を生かし、まるで“スパイダーマン”のように難攻不落の壁を攻略した。4度のW杯総合優勝を誇る野口、昨年の世界選手権銀メダリストの野中が完登できなかった難関の第3課題を、中学2年生・伊藤が唯一クリア。第1回大会で憧れの野口が記録した16歳3カ月の最年少優勝記録を大幅に塗り替えての初優勝に「実感がない、思いきって自分の登りができたのが大きかった」と、キュートな笑顔を浮かべた。

 クライミングが趣味の父崇文さん(42)に連れられ、小学3年生で競技を始めた。「高いところが好きだったのでハマってしまった」。壁への最初のアタックから、天賦の才を発揮。崇文さんは「練習もしてない中で、15メートルの壁を一発で登った」と振り返る。リードでも頭角を現しており、ボルダリング、リード、スピードの3種目の複合競技となる東京五輪に向けて、日本協会の小日向強化委員長も「非常に可能性のある選手」と期待を込める。

 平日は3時間、休日には5時間の練習をこなし「遊ぶ暇がない」と話す14歳の夢は、W杯総合優勝、世界選手権優勝、五輪金メダルの3冠。「どんどん勝てるように頑張っていきたい」。思い描く未来へ、どんな壁だって越えてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス