文字サイズ

サンウルブズHCが福岡県庁訪問 北九州でのプレシーズンマッチPR

福岡県庁を訪れたサンウルブズ・ティアティア・ヘッドコーチ
1枚拡大

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズのティアティアヘッドコーチ(HC)が11日、福岡県庁を訪れ、新設のミクニワールドスタジアム北九州(北九州市)で2月18日に行うプレシーズンマッチを小川洋知事にPRした。

 トップリーグ(TL)選抜チームと戦うプレシーズンマッチは、同スタジアムで開催される初の試合。ティアティアHCは「全力を尽くすことを約束したい」とあいさつし、ユニホームを贈呈。小川知事は「試合をきっかけにし、(日本開催の)2年後のワールドカップも大いに盛り上げてもらいたい」と期待した。

 サンウルブズはSR参戦2季目。チームは2月5日から福岡県内で合宿を実施。TL選抜戦を経て、同25日のSR開幕戦(秩父宮)に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス