文字サイズ

羽生結弦 4回転ループ着氷乱れも103・89点で首位発進「楽しんでできた」

SPで好演技をみせる羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「フィギュアスケート・NHK杯」(25日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、GPファイナル進出の懸かる羽生結弦(21)=ANA=は、冒頭の4回転ループで着氷が乱れたものの、自己4番目の記録となる103・89点で断トツの首位発進を決めた。田中刑事(22)=倉敷芸術科学大=は自己ベストの80・49点で3位、日野龍樹(21)=中京大=は72・50点で9位につけた。

 演技を終えた羽生は舌を出して、悔しがった。ただ、それでも「正直、もうちょっとかな。ただ、スケートカナダから成長した部分もあった。自信を持って、楽しんでできた」と、充実感を漂わせた。

 白が基調だったスケートカナダから、藤色を基調とした衣装へとイメージチェンジして臨んだ羽生は、冒頭の4回転ループでは着氷が乱れ、GOE(出来栄え点)でマイナス評価だったが、続く4回転サルコー-3回転トーループは成功。最後のトリプルアクセルも鮮やかに決めた。SP「レッツ・ゴー・クレイジー」をギターサウンドに合わせてノリノリに演じ切り、表現力を示す5項目の構成点でも異次元のハイスコアを並べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス