文字サイズ

ハンドボール広島・金監督、復活へ決意

 ハンドボール女子・広島メイプルレッズはこのほど、金明恵(キム・ミョンヘ)新監督(56)の就任会見を行った。

 3年契約の金新監督は、韓国出身で韓国代表として1978年の世界選手権(チェコ)に出場後、86年に日本リーグ女子の北國銀行に選手兼コーチとして来日。94年から立山アルミ女子チーム創部に関わり、2002年の廃部までコーチを務めた。05年からは男子のアラコ九州(現トヨタ紡織九州)のコーチ、アドバイザーを務めた。

 会見で金新監督は「初の監督だが、これまでの経験を生かし、速攻を主体としたチームで日本一を奪回したい」と復活へ力強い決意を披露した。新体制は6日に始動予定で、5月の全日本社会人選手権からシーズンがスタートする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス