文字サイズ

カサゴ 絶好釣

 「カサゴ釣りにハマっています」と言う上野勝さん
1枚拡大

 【出漁ルポ・塚田とも子】カサゴ絶好釣 久比里「山下丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 釣って良し!!食べて良し!!

 デイリースポーツ指定船宿の久比里「山下丸」では、カサゴ釣りが最盛期で絶好調!水深も浅く、女性や家族連れでも手軽に楽しめる。白身魚で美味だから食味の面でも人気が高い。私がお邪魔した7日は、連日の南風で潮が澄み、台風直後ということもあり苦戦したが、翌8日はトップが40匹超え、9日は50匹超え(16~28センチ)と尻上がりの好釣果が出ている。今後も大いに楽しみな状況だ。

 7日は、山下克範船長の操船で午前7時半に出船。久里浜沖の水深15メートル前後を狙った。

 竿は軟らかめの6対4調子1・8メートル、小型両軸リールにPEライン2号、オモリ25号、山下丸のカサゴ仕掛けを使用。エサはサバの切り身と、活きドジョウも用意された。

 私の釣り座は右舷胴の間。山下船長に釣り方を聞くと「底をキープ。竿先がもたれたら少し聞き合わせて、アタリがあっても合わせないで送り込むぐらいの感じで向こうアワセ。いかに食い込ませるか、を考えながら釣る」と教えていただいた。

 一投目。早速カサゴが釣れたが、小型なのでリリース。午前中は24センチ級の良型も交じり、結構楽しめた。

 右舷ミヨシ、横浜市の上野勝さんは「カサゴ釣りにハマっています。アタリの感触が面白い。カサゴはおいしいから」と笑顔を見せる。上野さんのクーラーには結構良型カサゴが入っていた。

 左舷ミヨシ、横浜市の梶原章二さんは「カサゴ釣りは誰でも楽しめるが、数を釣ろうとすれば奥が深い」と言い、外道にマダコを釣り上げた。

 当日は潮が澄み、南西風が吹き、波もやや高かった。午後から潮が速くなって、私は何回か根掛かりした。難しい状況だった。当日の釣果は10~21匹で、竿頭は梶原さん。

 50匹超え!!最大28センチ

 ところが翌8日から一転絶好調!8日は32~41匹、9日は47~53匹(16~28センチ)の好釣果が出た。今後も期待できそうだ。

 ▽山下丸=TEL046・842・8856。カワハギとアジも好調出船中。当日、横浜市の山口美佳さんが28センチ級良型カワハギ4匹の好釣果をあげていた。夜メバルは7、8月の土曜日出船で予約制。定休日が変わり第2、4、5水曜日。問い合わせはなるべく昼から午後8時ごろまでに。

 女性や家族連れも楽しめる!!

 山下克範船長「カサゴ釣りは暗い潮の方が良いのですが、南風が何日も吹いて、当日は潮が澄んでしまいました。いい時はトップは50匹超えの釣果が出ています。女性や子供さんにも楽しめますので、どうぞお出かけください」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス