文字サイズ

イサキ 好シーズン

 出足はまずまずだったが…
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】大原「春日丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 5月も中旬。夏魚、イサキも好シーズンに入り、大原沖では35センチ前後の大型も多く、連日トップは50匹の規定数到達の数釣りが続いていた。早速、爆釣を疑いもせず大型クーラーを持ち込んで、本紙指定船宿、大原の「春日丸」に乗り込んだ。ところが、この日は水温が急降下、シーズン始まって以来最低という大苦戦になってしまった。

 水温急低下で苦戦も…

 午前4時集合で出船。本紙指定船宿、大原の「春日丸」が目指したのは航程40分ほどの大原沖。釣り場での解禁時間が5時なので、それに合わせて船を走らせる。春日丸は去年進水した大型の新造船。釣り座もキャビンも広くて気持ちがいい。とはいえ、この日は沖に出ると、前日のシケの余波で、結構ウネリがある。

 カラーの空バリで楽釣だぁ~

 釣り場に着き、5時になると「始めましょう」と船長の合図で一斉に仕掛けを下ろす。水深28メートル、タナは23メートル前後。指示ダナの少し下からシャクリながらアタリの出るタナを探る。60号のライトビシ。ハリス1・5の3本バリ仕掛け。白、ピンク、緑のカラーバリ。エサは一切付けない。シャレではないが、カラーバリの空バリだから、世話がない。コマセを詰めて落とすだけだ。ウネリで多少釣りにくかったが、すぐにアタリ。ククッ、ギュギューン!景気のいい引きでイサキが釣れる。

 出足はまずまずの釣りと思われたが、どうも後が伸びない。船長もポイントを何度も流し替え、釣り場の移動も繰り返したが、イサキの食いはポツリポツリで、いつものような爆釣モードになかなか入らない。前日のシケで水温が急降下、16度前後あったものが13度にまで下がり、イサキは完全に食い渋り状態。

 ウネリも残り、曇天で風も冷たく、水温は一向に上がらない。イサキの群れはあるので、ポイントに入ればポツポツ食うのだが、活性が低いので、イサキがコマセに寄ってこない。潮や風で船が動くと、いつものようにイサキの群れが付いてこない。

 規定数到達も夢じゃない!

 そんな状態が続き、いつかは、と期待して釣り続けたが、とうとうそのまま11時過ぎ、納竿となってしまった。トップは20匹を超えたが、いつもの半分以下と釣果は伸びず、シーズン開始以降最低の釣果となってしまった。もっとも大原沖のイサキは始まったばかり。取材の翌日からは、再び連日規定数の数釣りになっており、これから抱卵物の梅雨イサキの時期までが絶好のシーズンとなる。

 「春日丸」中井新一船長

 「この日は急に水温が下がって、食い渋ってしまいました。食いが悪い時は型も全体に小さくて釣果は伸びませんでした。この日をのぞけば、連日トップは規定数の50匹。型も35センチ級が多く、40センチ近い大イサキも交じります。これから真子(卵)や白子も入って、絶好のシーズンに入るので、ぜひ数釣りを楽しみに来てください」

 ▽大原「春日丸」=TEL0470・62・0606

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス