文字サイズ

ヤリイカ絶好調!!

 良型ヤリイカ58匹の好釣果で竿頭になった浅井孝佳さん
1枚拡大

 【船宿直送便】鹿嶋「利喜丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 パラソル級も続々

 茨城県鹿嶋市鹿島港の利喜丸では、パラソル級交じりで良型ヤリイカの好釣果が続いている。先日は午前4時集合、準備が出来次第出船。鹿嶋沖の水深100~120メートルを狙った。朝からヤリイカの乗り絶好調! 40~58センチの良型ヤリイカが28~58匹釣れた。58匹の好釣果をあげて竿頭になったのは、千葉県白井市の浅井孝佳さん。

 竿は1・67メートル、電動リールにPEライン3号、オモリ150号、11センチプラヅノ8本。途中から浮きスッテを真ん中に入れて、計8本に。「みんなの浮きスッテにヤリイカが掛かっていたから」最初からヤリイカの乗りは活発で「朝のひと流し目で、17匹釣れた」というから驚く。「行く所、行く所、反応があって」一日中、途切れなく釣れた。底近くで釣れることが多かった。8本のツノに6匹掛かった時は、すごく重くて、電動リールもうなっていた」と笑う。「なるべく手返しよく釣ることを心がけて」釣果を伸ばした。

 浅井さんは、マルイカやカワハギなどほかの船釣りは3~4年やっているが、ヤリイカ釣りは今年の3月から始めて、今回が最高の釣果となった。「良型ヤリイカが58匹釣れてクーラー満杯になりました。うれしい! 満足です! みなさんに配って喜んでもらいます」と声を弾ませていた。大川利夫船長は「今年はヤリイカが、長い期間切れ目なく続いています。場所も幅広く釣れています」と説明する。

 良型メバルも30匹超えの好釣果!!

 利喜丸では、別船でメバル五目釣りも出船。22~32センチの良型メバルが、トップは30匹超えの好釣果が出ている。船長は「メバルも日によって違いますが、良型が釣れています。これから、ひとつテンヤのマダイ釣りも活きエビで有望。マゴチも時季なので、そろそろ期待できそうです。さまざまな釣りが楽しめますよ」と勧める。

 ▽利喜丸=TEL0299・82・5762

 (塚田とも子)

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス