文字サイズ

大型イサキ快調連発

 イサキは脂の乗った型ぞろい。2連、3連を連発する人も
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】イサキ&ハナダイリレー 片貝「二三丸」(デイリー指定船宿)

 大型イサキ快調2連、3連連発

 4月に入ってイサキ釣りが始まり、九十九里・片貝港の本紙指定船宿「二三丸」では、ハナダイとのリレーで出船。早速乗船してみた。前日までのシケ後で、前半はウネリも風も残っていたが、イサキの食いは活発。後半攻めたハナダイは食い渋ったが、良型のカンパチが顔を出し、メバルやカサゴも釣れて楽しい釣りになった。

 良型メバルもゲット!!

 片貝港の「二三丸」の桟橋に午前4時集合。まだ暗い片貝港を4時半出船。まず向かったのは太東沖、小1時間走る。4月だというのに風が冷たく、ウネリもある。船長の合図で早速仕掛けを下ろす。60号のビシ仕掛け。ハリス1・5号、イサキ用に白やピンクにコーティングされた二三丸オリジナルの3本バリ仕掛け。アミコマセを詰め、ハリには米粒大に小さく切ったイカの短冊を付ける。上からの指示ダナで30メートル前後。下目からコマセを振って、指示ダナに合わせてアタリを待つ。私は最初にビシを底まで落としてしまって、すぐさまククッときて釣れてきたのは、良型のメバルの一荷。

 痛快!35センチ級イサキ3連も

 次からは指示ダナに合わせるとキュンキュンと竿を絞り込む。上がってきたイサキは30センチ級の良型。デップリ太って脂が乗った型物だ。ポイントを流すたびに活発に食って、2連、3連を連発する人もいる。35センチ前後の大型も交じり、こんなヤツが3連でくると、引きも痛快この上ない。食い渋った時間帯もあったものの、イサキの食いは活発で、3時間ほどで、トップは30匹前後と数釣りになった。

 

 1キロ級カンパチ!引き強烈!

 イサキ釣りでは、小型ながらハナダイも交じった。ハリにオキアミを付け、イサキのタナよりやや下を狙って10匹近く釣り上げる人もいた。そして、強烈な引き込みで、竿を絞り込み、何度も突っ込む引きを、ドラグを利かせて慎重に巻き上げ、タモに入ったのは1キロ級のカンパチだった。ハリス1・5号でよく切られなかった。カンパチは、私のほかにも船中で1本上がった。すでに結構にぎやかな釣りになっていたが、帰り際に、片貝沖のハナダイのポイントを攻める。ただ、これは小型のハナダイが船中ポツリポツリで、あまり食いが立たず、そのまま帰港となった。ハナダイは、これから水温が上がれば、良型が数が出るようになり、さらににぎやかで、痛快なリレー釣りになる。

 ▽二三丸=TEL0475・76・9957

 二三丸・小倉忠船長

「伊崎はタナ取りが重要で、タナが合わないと数釣りはできない。ただ、今日はタナが少しバラけていたようで、全体に数が伸びなかった。イサキはこれから大型が多くなる。ハナダイも今日は不調だったが、これから大型の数釣りが楽しめるようになる。」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス