【46】ランス

 ランス
1枚拡大

 Richard Anthony Lancellotti 所属球団広島87-88年左投左打 [率].207 [本]58 [点]133

 強烈なアッパースイングで「本塁打か三振か」の典型だった。87年は6試合連続アーチを含む39本塁打でタイトルを獲得したが、打率.218は規定打席到達者で最下位、114三振もリーグ最多だった。前年に引退した山本浩二に代わる主軸と期待されたが、開幕から37試合4番を打った後は7番に定着。好不調の波が激しく88年途中退団した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    何でも50選 昭和に来日したプロ野球外国人選手最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス