文字サイズ

立大・田中誠也投手、本来のキレのいい投球戻れば

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、立大・田中誠也投手(3年・大阪桐蔭)の復調を願った。今秋はここまで2敗を喫し、勝ち星なし。第5週からは左肘痛でベンチから外れている。

 同氏は「ピッチャーというのは野球の主役で楽しいぞと、そういうピッチングを見せてほしい」と苦しむ左腕にエールを送った。まずはコンディションを万全にすることが最優先。本来のキレのいい投球が戻れば、勝ち星はおのずとついてくるはずだ。

 昨春は2年生ながらエースとしてフル回転し、大学選手権制覇に貢献した。今春もリーグトップの6勝を挙げ2度目のベストナインを獲得。侍ジャパン大学代表にも選出され、疲労はたまっていたに違いない。実力十分な左腕の一刻も早い復帰が待たれる。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス