文字サイズ

立大・川端健斗投手、大学屈指の左腕への成長を期待

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、立大・川端健斗投手(1年・秀岳館)の非凡な才能を認めた。今春にルーキーながら神宮デビューを果たすと、今秋は第2戦先発投手に定着。将来のエース候補として期待も大きい。

 同氏は川端健に対しまだまだ課題もあるとしながら、「制球力、変化球のキレとも、ある程度計算はできる」と評価した。マウンド度胸など投球以外での素質も十分。エースの田中誠也投手(3年・大阪桐蔭)が離脱すると、カード頭も任されている。

 昨秋は侍ジャパン高校代表でも活躍するなど経験豊富だ。「リーグ戦を戦っていく中で、自分の足らないところ、まだまだ強化したい部分、自分自身で感じるところが多いと思います」と同氏。課題を工夫して克服していけば、大学屈指の左腕へと成長していくはずだ。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス