文字サイズ

東大・辻居新平外野手、足も魅力の切り込み隊長

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は今春に引き続き、東大・辻居新平外野手(3年・栄光学園)の力強いスイングに注目している。今秋も開幕から4連敗と苦しい戦いが続く東大。その中でも打順が今春の1番から3番に変わりながら、奮闘を続けている。

 同氏は辻居の力みを指摘し、「打線も辻居君だけじゃなくて他にも力をつけてきています」と打順に関係なく切り込み隊長という意識で試合に臨むことを求めた。

 第2週・立大とのカードでは2試合で5安打をマークし、復調気配を漂わせる。第3週を終えて5盗塁はリーグトップ。積極走塁も高い。「自分がチームを引っ張ってまず1勝に貢献してほしい」という同氏の期待に応えられる日は近いかもしれない。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス