文字サイズ

広島・佐々岡監督 5安打で7失点に「ロッテは隙を突いてくる」交流戦黒星発進

 「広島0-7ロッテ」(24日、マツダスタジアム)

 広島は3連勝で突入した交流戦初戦だったが、わずか5安打、先発・石川以下に完封リレーを決められた。

 佐々岡真司監督は石川について「いい投手というのはわかっていた。オープン戦でも当たってみんながイメージを持って、スコアラーの情報を聞いた上で、攻略方法を考えていたが、できなかったのか、させてもらえなかったのか。いい投手はなかなか打てない。あれだけ低めに集められたらね。変化球にしてもね、イメージがあった中で、精度がコントロールがいいボールだったと思う」と脱帽するしかなかった。

 ロッテも5安打だったが、効率良く得点され、7失点。先発床田については「やっぱり1番の高部選手を出せば得点に絡んでくる。出してしまうと得点に絡みますし、ロッテというのは隙を突いてくる。四球絡みというところでしっかり得点に絡んでくるのは去年もそうだった。そこができなかった。床田も(五回は)四球絡みから。2死を取ってからの1点、(八回の)松本にしても入りが悪く失点。ロッテがそういうところをしっかり突いてきた。こっちがやらないといけなかった。そこを反省して切り替えてやるしかない」と一気に話すと会見を切り上げた。

 ロッテ戦は昨年から3連敗となった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス