文字サイズ

広島ブルペンに光 ターリー&森浦で七、八回の危機脱出 指揮官の継投策ズバリ

 ヒーローインタビューを終え笑顔でガッツポーズの森浦(撮影・山口登)
 7回のピンチをしのいでベンチに戻るターリー(撮影・山口登)
2枚

 「阪神2-3広島」(11日、甲子園球場)

 広島勝利の立役者は充実感いっぱいにグータッチを交わした。ターリーと森浦だ。絶体絶命のピンチでマウンドに上がると後続をピシャリ。最高の結果で連勝街道を切り開いた。

 まずは助っ人左腕だ。3-2の七回2死満塁で出番が来た。打席には佐藤輝。直球2球で追い込み、最後は外角へのスライダーで空振り三振に斬った。「自分の強みを彼にぶつける」。強い思いで腕を振り抜いた。

 “鬼門の八回”は森浦が乗り越えた。ケムナの連続四球をきっかけに1死二、三塁で登板。ロハス、梅野を打ち取った。森浦は「任されたところをゼロで抑えて帰るのが仕事」と汗を拭った。

 佐々岡監督の継投策がズバリと的中した一戦でもある。指揮官はターリーについて「覚悟を決めて代えた。ああいう場面で投げていなかったけど、腕を振ってしっかり投げてくれた」と話し、森浦についても「期待通り」と目尻を下げた。

 先発陣の安定感が白星を積み重ねている要因だ。一方で課題は「勝利の方程式」の再整備。今季のイニング別失点は八回の30点がワーストで栗林へのつなぎ役の確立が課題だ。

 左腕2人の快投がブルペン陣に光を照らした。懸案事項の解消へ、大きな1勝だ。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス