文字サイズ

広島 大敗で4連敗 森下乱調で7敗目 中日は今季初の5連勝

 3回、京田(右)に左前打を打たれ汗をぬぐう森下(撮影・立川洋一郎)
 6回、堂上の適時二塁打で3点を追加され、ベンチへ引き揚げる森下(撮影・立川洋一郎)
 選手交代を告げてベンチへ戻る佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日10-1広島」(14日、バンテリンドーム)

 広島が今季5度目の4連敗となった。先発の森下は6回8安打6失点と炎上し、プロ最長となる5戦連続未勝利。チームワーストの7敗目を喫した。

 二回に木下拓の適時二塁打で先制点を献上。三回は福留、五回には大島に適時打を許し、小刻みに失点した。

 六回には振り逃げと四死球で2死満塁とすると代打・堂上に走者一掃の3点タイムリーを浴びた。プロ最多の3暴投を記録するなど制球が乱れ、精彩を欠いた。

 打線は四回、会沢の適時打1点に終わり、つながりを欠いた。これで4試合連続1得点と深刻な得点力不足に陥っている。

 中日は先発した松葉が6回4安打1失点と好投し、4勝目。投打がかみ合い、今季初となる5連勝を飾った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス