文字サイズ

広島・大瀬良 粘投も虎に今季初黒星 サンズへの4球目 際どいコースも「それが判定」

 6回、代打・サンズに勝ち越し打を許した大瀬良。右は捕手・坂倉(撮影・立川洋一郎)
 6回、サンズに勝ち越し打を打たれる大瀬良
2枚

 「広島1-4阪神」(10日、マツダスタジアム)

 広島・大瀬良大地投手が膝を折った。1-1の六回1死満塁。代打・サンズを迎え、4球目の外角直球がボールと判定された直後だ。際どい1球でカウント不利に追い込まれると、必死に気持ちを切り替えて投じた5球目は高めに浮く。中前へはじき返され、決勝点になった。

 「それが判定なので。もう少しストライクゾーンできっちり勝負できていれば違ったのかな」

 初回に失点。以降は粘り強く投げたものの、六回に単打5本を集められた。勝ち越し点を含む2失点に佐々岡監督は「1点を争う試合であの2点は痛かった」と振り返った。

 これで2試合連続の黒星。前回登板となった3日・ヤクルト戦後からキャッチボールを見直し、より実戦を意識して右腕を振った。コンディションやフォームの確認を重ね、マウンドに向かった。

 投球自体には手応えをつかんでおり、次戦に向けての課題は配球面などだと言う。「単打でつながれたりというケースが多かった。その辺はまた、いろいろ考えてバッテリーでも話をして調整したい」と前を向く。

 6回10安打3失点で今季、阪神戦は3試合目にして初黒星がついた。「とにかくチームのために頑張って行きたい」。勝利の道をつくることがエースの仕事だ。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス