文字サイズ

広島・森浦大輔、後半戦は左打者の内にズバッと!前半戦苦戦 後半戦は内角攻める

 広島の森浦大輔投手(23)が21日、後半戦は左打者の内角を攻めると意気込んだ。前半戦は対右打者の被打率が・171だったのに対し、対左打者は・325と苦戦。「左打者の内角に強い球を投げたい」と力を込めた。

 苦い記憶は6月29日の巨人戦。8-7の八回2死から、松原への内角球が死球。四球、安打で同点とされ、岡本和に勝ち越し3ランを浴びた。「投げきれなかった」とこの回4失点で逆転負けを喫した。

 この日のブルペンでは40球を投げ、その大半が左打者の内角を想定した投球だった。「投げきれるようになっている。あとは打者に立ってもらってどうか」。一年間完走することが今後の目標。左を封じて存在感を示す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス