文字サイズ

貧打広島6連敗の異常事態 助っ人に頼らず「元気な若手の積極起用も」と北別府氏

 広島が対巨人(9)戦(5日、マツダスタジアム)で0-4の完封負けを喫し、1分を挟んで6連敗となった。3連戦で3点。今季を象徴するよう貧打ぶりにデイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏は「元気な若手を積極起用するなど、なりふり構わずベンチが動いて打開するしかない」とハッパをかけた。

 ◇ ◇

 ヒットは出ているのに点が入らない。1本出ていれば、ある程度は有利な展開に持ち込めるのに、その1本が出ないから結局は僅差で競り負ける。カープはいま、敗戦の一番悪いパターンに陥っているのです。

 (広島は34試合を消化して13勝18敗3分。5日の敗戦で今季5度目の完封負けとなった。その5試合を含め、3得点以下が21試合。得点力不足は深刻だ)

 投手は踏ん張っているし、盗塁やエンドランで得点圏に走者を進めているから、手の打ちようがないわけではない。それだけに歯がゆいね。

 5日の試合では4番に今季初めて松山を据えて、調子が落ちてきた西川を5番に下げたが、結果にはつながらなかった。

 鈴木誠也も3割以上の打率は残しているものの、チームに点が入らない焦りからか、甘い球を見逃したり、どうもチグハグな面が見られる。

 1、2番を入れ替えたり、クリーンアップを組み替えたり、ベンチもいろいろ打順をいじって工夫はしているが、機能していないのだから、さらに動いて結果を求めていくしか方法がない。なりふり構わず動いて打開するしかないだろう。

 外国人の成績で阪神や巨人と差が見られるのは確か。阪神のマルテとサンズ。巨人のウィーラー。現状の活躍ぶりはクロンを大きく上回っていますからね。

 クロンにも当たりは出てきているが“ここ”という場面で打ってほしいのが正直なところ。だが、必ずしも助っ人選手に頼る必要はないと思う。打撃優先で元気な若手を、もっと積極的に起用してもいいのではないか。

 打線につながりを持たせ、得点力をアップさせるのがベンチの仕事。今は点を取っても、それ以上に取られるような最悪の状態ではないわけだし、やりようによっては何とかなるはず。

 選手自身は1点を取る打撃に加えて、1点を与えない守備力も磨いてほしい。今季は失策数が多いしパスボールも目立つ。

 投手は“なぜあそこに投げてしまったのか”という反省を次に生かすこと。ムダな失点を避け、ムダなボールも省く。工夫することはたくさんある。

 大量点が望めない以上、手にした1点を死守する、そういう意識が大事。まだ100試合以上も残っている。巻き返すチャンスは十分にある。そういう戦力です。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス