文字サイズ

広島・森下、7回2失点の熱投も3勝目ならず 今季初の中5日も

 ヤクルト打線を相手に力投する先発の広島・森下暢仁(撮影・立川洋一郎)
 ヤクルト打線を相手に力投する先発の広島・森下暢仁(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島-ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

 先発した広島・森下暢仁投手は7回5安打2失点で降板。粘投を続けていたが、終盤に勝ち越し点を献上した。

 1点リードの六回。先頭・山崎に左翼フェンス直撃の三塁打を浴び、2番・中村の犠飛で同点とされた。続く2死一、二塁で塩見を遊ゴロに打ち取ってピンチを脱したが、七回だ。

 先頭・松本友に四球を与え、犠打と暴投などで1死三塁とされた。ここで代打・川端に右前適時打を許し、1点を勝ち越された。

 今季初の中5日でのマウンド。前回14日の阪神戦(甲子園)では5回を投げて自己ワーストタイの5失点(自責点4)で今季初黒星を喫した右腕。今季3勝目は手にできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス