文字サイズ

広島ドラ2左腕・森浦、巨人左打者封じる「左打者を抑えないとチャンスなくなる」

1イニングを無失点に抑えた広島・森浦大輔=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
1イニングを無失点に抑えた広島・森浦大輔=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
1イニングを無失点に抑えた広島・森浦大輔=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「練習試合、巨人5-1広島」(27日、沖縄セルラースタジアム)

 六回から登板した広島のドラフト2位・森浦大輔投手(22)=天理大=が“左キラー”ぶりを披露した。

 先頭・秋広を二ゴロに料理。松原に内野安打を許したが、吉川と大城を力のない一ゴロに仕留めた。両サイドを丹念に突き、直球とスライダーを軸に、巨人の1軍実績ある左打者たちを封じた。「左投手は左打者を抑えないと投げるチャンスが無くなってくる。抑えられて良かった」と納得顔を浮かべた。

 これで対外試合は3試合連続無失点で、そのうち2試合が巨人戦だ。「まだまだ自信はない。もっと結果を残したい。マウンドに立ってからはあまり緊張せず、思い切って投げられている」。左腕の株は日を追うごとに上昇している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス